ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 三回忌(さんかいき)

三回忌(さんかいき)とは?

50音別

三回忌(さんかいき)

 

亡くなってから満2年経った月命日(祥月命日)に行われる法要

亡くなった日を1回目と数えるため、2年目で三回忌となる。

その後、七回忌十三回忌三十三回忌などを主に執り行う。

※三回忌以降の主な年忌法要としては、七回忌(6年目の祥月命日)、十三回忌(12年目の祥月命日)と続き、宗旨宗派にもよりますが三十三回忌(32年目の祥月命日)や、五十回忌(49年目の祥月命日)をもってお弔い上げとする場合が多いです。

また、一般的にはこの三回忌あたりまでが会食などを踏まえある程度規模の大きな法要となり、
以降の法要は家族、親族で執り行う場合が多いです。

 

●関連語:一周忌七七日年忌法要忌明け後飾り公営墓地お墓節税お墓方角

●関連ページ:法要に関するよくある質問と回答
埋葬に関するよくある質問
お墓の引っ越し・改葬に関するよくある質問
お墓探しに関するよくある質問
・はじめてのお墓探しが簡単になる墓地一覧

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ