ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 >指名焼香(しめいしょうこう)

指名焼香(しめいしょうこう)とは?

50音別

指名焼香(しめいしょうこう)

 

喪主・親族および地域や会社の代表者などが、一般参列者に先んじて、名指しで焼香を行う事。
基本的には、この指名焼香が終わったのち、そのほかの参列者が随時焼香を行う流れとなる。

地域の風習や遺族の意向にもよるため、指名焼香は必ずしも行われるわけではない。
(参列者の上下なく行う焼香を、指名焼香に対し自由焼香などという)

また、社葬などの場合は名前以外に所属や肩書を合わせて指名するケースもある。 指名焼香を行う場合は、主として喪主が葬儀社などと相談しその順番を決める。

 

●関連語:焼香通夜葬儀・弔問・仏教四十九日百か日一周忌

●関連ページ:法要に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ