ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 五十回忌(ごじゅっかいき)

五十回忌(ごじゅっかいき)とは?

50音別

五十回忌(ごじゅっかいき)

 

亡くなってから満49年を迎える年に行う法要。

この法要を持って弔いあげ(故人が極楽往生したとすること)となる宗派もある。

神道の場合は五十年祭がこれにあたり、この祭事を持って故人が神になると考えられる場合もある。

キリスト教の場合は五十回忌にあたるような法要はないが、10年・20年と区切りの時期に、ミサや記念の集い (カトリックとプロテスタントによって名称は異なる)を行い、故人を偲ぶ。
※この五十回忌を法要のめどとされる場合が多いですが、この後にも百回忌(故人が亡くなってから99年目)

百五十回忌(故人が亡くなってから149年目)の法要が執り行われることもあります。

ちなみにお弔い上げの法要としては、この五十回忌か三十三回忌までとする宗旨宗派が多いです。

●関連語:一周忌三回忌七回忌十三回忌十七回忌三十三回忌弔いあげ埋葬お墓

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ