ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 曹洞宗(そうとうしゅう・そうどうしゅう)

曹洞宗(そうとうしゅう)とは?

50音別

曹洞宗(そうとうしゅう)

承陽大師道元を開祖とする宗派。
国内の主だった禅宗の1つで釈迦如来を本尊とする。また、お経は「南無釈迦牟尼仏」と唱える。
神奈川県の「総持寺」や福井県の「永平寺」(東京港区には「永平寺別院長谷寺」)などが曹洞宗の有名なお寺の1つ。

日頃お客様より「曹洞宗の正しいお墓の建て方を教えてください。」などの質問が多いですが、曹洞宗の方は必ずこのようなお墓を建てるという細かな決まりはございません。
同じ禅宗系の臨済宗などと同じように「円相」(墓石正面に○の一筆書き)を彫刻することもございますが、こちらも強制的なものではございません。
(また、円相同様に曹洞宗を強調する場合には、お経の一文である南無釈迦牟尼仏の文言を彫刻する場合もあります)
ご自身で建てられる墓地の規則のに沿った範囲で自由にイメージなされてはいかがでしょうか?
現在の公園墓地などでは、曹洞宗の多くの方が自由な墓石を建てておられます。


●類義語:仏教・宗旨・禅宗

●関連語:臨済宗黄檗宗天台宗浄土真宗大谷派真言宗・時宗・浄土宗・法華宗・日蓮宗寺院墓地

曹洞宗のお寺様が事業主体の霊園・墓地

東京都

神奈川県

埼玉県

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ