ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > た行 > 弔い上げ(とむらいあげ)

弔い上げ(とむらいあげ)とは?

50音別

弔い上げ(とむらいあげ)

 

三十三回忌や五十回忌を節目とし、故人が極楽往生したとすること。

宗旨宗派にもよるが、弔い上げの回忌に達すれば、どのような人も極楽に行けると考えられるためなどから、特定の回忌法要をもって、最後の法要とすること。

稀ではあるが、この弔い上げを17回忌や100回忌にすることもある。

また、神道の場合は十年祭・二十年祭を一つの区切り(弔い上げ)とする場合もある。
(神道における法要にあたる儀式は式年祭という)

キリスト教の場合は年忌法要にあたるものとして、追悼ミサ記念の集い(カトリック・プロテスタントで呼び方は違う)を行うが、仏教式のように明確な弔い上げ(もともと弔うという考え方ではない)の期日が決まっているケースは少ない。

 

●関連語:法要・報恩供養・供養・会食・年忌法要五十回忌お墓節税お墓継承永代使用権焼香

●関連ページ:法要に関するよく有る質問
お墓の承継に関するよくある質問
お墓のリフォームに関するよくある質問
お墓の引っ越し改葬に関するよくある質問と回答

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ