ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 荘厳(しょうごん)

荘厳(しょうごん)とは?

50音別

荘厳(しょうごん)

 

仏教用語としての荘厳は「しょうごん」と読み、通常の荘厳「そうごん」とは意味が異なる。

仏教用語では仏などの徳を装飾品などで表す意味があり、長じて本尊などが安置されている場所を同様に飾る意味も持つ。

装飾は宝冠や胸飾り、天蓋(天井から吊るされた装飾)などで、これらは荘厳具(しょうごんぐ)と呼ばれる。

いずれも信仰対象に対しての徳を表すと同時に、信奉者の敬意を示す意味合いがある。

 

●関連語:仏壇本堂本尊仏教・祭壇・掛け軸・礼拝堂

●関連ページ:法要に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ