ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > な行 > 七回忌(なかかいき)

七回忌(なかかいき)とは?

50音別

七回忌(なかかいき)

 

亡くなられてから満6年目に行われる。

一般的には一周忌三回忌の次に行われる年忌法要

「ななかいき」と読まれる場合も少なくないが、本来は「しちかいき」と読む。

一般的には七回忌法要の次は十三回忌法要(亡くなってから満12年目に行う法要)となる。

神道の場合は式年祭という儀式が行われ、一年祭・三年祭の次は五年祭・十年祭と続く。

キリスト教の場合は決まった時期というものがない場合が多い為、仏式にならって七回忌にあたる6年目に追悼ミサ記念の集いを行う場合もある。

※多くの場合、一周忌や三回忌法要より、七回忌や十三回忌は規模を小さくし、親族のみの集まりにするなどと言った場合が多いです。

 

●関連語:一周忌三回忌十三回忌三十三回忌・法要・僧侶・会食・墓前供養

●関連ページ:法要に関するよくある質問
お墓探しのための墓地一覧表

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ