ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 三十三回忌(さんじゅうさんかいき)

三十三回忌(さんじゅうさんかいき)とは?

50音別

三十三回忌(さんじゅうさんかいき)

 

満32年目に行う回忌法要のこと。

三十三回忌か五十回忌をもって、弔いあげ(故人が極楽浄土へ旅立ったとされる)となる宗旨・宗派が多いため、区切りの法要とされることが多い。

※ちなみに、いわゆる永代供養墓と呼ばれるタイプのお墓は、三十三回忌五十回忌弔い上げをもって、合祀墓(遺骨を骨壷から出し、他の方と同じ場所でお弔いするタイプのお墓)に移される場合もあります。
(霊園・寺院によって年数は異なります)

美郷石材では永代供養墓の取り扱いもございますので、
フリーダイヤル(0120−62−3310)でお問い合わせいただくか、
トップページから資料請求フォームで「永代供養墓」の資料請求を頂ければ、
無料で資料をお送り致します。

 

●関連語:回忌法要・追善供養一周忌三回忌七回忌十三回忌住職・会食・墓前法要・弔いあげ

●関連ページ:法要についてのよくある質問
改葬についてのよくある質問
お墓のリフォームに関するよくある質問
・はじめてのお墓探しでも安心=墓地一覧表

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ