ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 聖餐式(せいさんしき)

聖餐式(せいさんしき)とは?

50音別

聖餐式(せいさんしき)

 

キリスト教プロテスタントにおける儀式のひとつ。

臨終にあたって牧師が立ち合い、パンと葡萄酒を与える。
その後聖書を朗読する事で、危篤患者が無事に天国へ召されるようにするためのもので、キリストの最後の晩餐にちなんでおこなわれるもの。

カトリックの場合は危篤に際し「聖油の秘蹟」という儀式が行われ、危篤患者の永遠の安息を願う。

※キリスト教には、各宗旨宗派に合わせてお墓(十字架のかたちや、十字架を墓石に彫刻する)を建てられる方も少なくありません。
キリスト教に合わせたデザインのお墓をご希望の場合は、美郷石材 フリーダイヤル 0120−62−3310 までお問い合わせください。

 

●関連語:臨終行事・キリスト教・カトリック・プロテスタント葬儀献花危篤時遺言・牧師・神父ミサ賛美歌

●関連ページ:キリスト教徒様が建墓できる霊園一覧

埋葬に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ