ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 喪家(そうか・そうけ)

喪家(そうか・そうけ)とは?

50音別

喪家(そうか・そうけ)

 

喪中・忌中の家のことをいう。
一般的に葬家に対しては年賀状を控えるなどの心遣いをするのが良いとされ、葬家においては、正月飾りなどの慶事を控えるといった考え方がある。

仏教的な考え方では忌中が四十九日まで、喪中が一周忌までというのが多い。
神道では五十日祭までが忌中、一年祭までが喪中となる(いずれも宗旨宗派により異なる場合はある)。

キリスト教の場合は喪中という考え方がないため、基本的には忌明け法要などは必要ないが、国内の風習に準じて、法要や挨拶の手紙などを送る場合もある。

 

●類義語:葬家

●関連語:忌中・喪中忌明け・五十日祭・一年祭・忌中札お斎訃報祭祀の主宰者

●関連ページ:
法要に関するよくある質問
公営霊園に関するよくある質問
埋葬に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ