ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > あ行 > 一周忌(いっしゅうき)

一周忌(いっしゅうき)とは?

50音別

一周忌(いっしゅうき)

 

お亡くなりになられた日から満1年経った、故人を偲ぶ日のことをさす。

一般的に1周忌までを喪中とすることが多い。

喪中期間は慶事への出席や、年賀状などを出すことを控えるのが一般的。

お墓(墓地)を新たに探される方は、49日ではなく、百か日や一周忌までに建墓・納骨することも多い。

ちなみに、亡くなられた日は祥月命日(しょうつきめいにち)と呼ばれます。一般的に命日といえば、この
祥月命日を指す場合が多いですが、厳密には命日だけの場合は毎月の亡くなられた日のこととなります。

一周忌は仏教での考え方で、神道では一周忌にあたる霊祭として1年祭が、キリスト教では追悼ミサとして
記念ミサが行われます。

 

●関連語:法事・法要三回忌七回忌十三回忌三十三回忌七七日埋葬読経料お車代

●関連ページ:埋葬に関するFAQ
法要に関するFAQ
お墓探しに関するFAQ
カテゴリ別に選べる墓地一覧

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ