ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)

西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)とは?

50音別

西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)

 

仏教における聖域・理想の世界。
十億万仏土先の西方にあり、阿弥陀如来がいるとされる浄土のこと。
極楽浄土と言われる。
宗派によって呼び方や概念は異なる。

この西方浄土の考え方から、西を向いて拝むことが浄土に向かってお参りをすることになるため良しとされるため、東向きのお墓のほうが人気が高いです(お墓参りする人が西方浄土を向いてお参りするためです)。
霊園で東向きの方が西向きよりも若干値段が高いのは、この考え方も理由の1つとなっています。

また、仏壇を設置する際の方角としても良しとされる説の1つ。

お墓では、別の理由で南向きが良いなど、良い言われる方向は諸説あるが、西向きも一般的に良いとされやすい。

余談ですが、お彼岸の時期は太陽が真西に沈むため、夕陽に向かってお祈りをすると縁起が良いとされています。
お彼岸のお墓参りのついでに、夕陽も拝んでみてはいかがでしょう。

●参考
宗旨宗派不問などカテゴリ別の墓地一覧表

●類義語:西方浄土・極楽浄土●関連語:阿弥陀仏・親鸞浄土宗・浄土真宗・宗旨宗派天台宗吉相墓墓相お墓墓地

●関連ページ:法要に関するよくある質問

はじめてでも安心のお墓探し一覧

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ