ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > さ行 > 白装束(しろしょうぞく)

白装束(しろしょうぞく)とは?

50音別

白装束(しろしょうぞく)

 

弔辞の際にまとう服装のこと。

仏式の葬儀では、故人があの世へ向かう際の服装のことなども指し、死に装束とも呼ばれる。

故人に着せるものでは天冠(てんかん)・杖・脚絆(きゃはん)・数珠(じゅず)・経帷子(きょうかたびら)・手甲(てこう)・頭陀袋(ずだぶくろ)・草鞋(わらじ)・白足袋を装着し、旅路の準備とする(宗旨宗派によって必要な服装は異なる)。
また、最近は故人が生前好きだった服装などを着せる場合などもある。

 

●類義語:死に装束●関連語:臨終行事湯灌死化粧通夜忌中札喪中・おくやみ・逆さ屏風忌み言葉埋葬音楽葬・教団

●関連ページ:法要に関するよくある質問

埋葬に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ