ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 危篤時遺言(きとくじゆいごん)

危篤時遺言(きとくじゆいごん)とは?

50音別

危篤時遺言(きとくじゆいごん)

 

死期が近い状態で残される遺言のこと。

遺言の際には証人が3人以上必要となるなど、一定の条件を満たすことで遺言として認められる。

また、遺言者の言葉を筆記することで遺言として認められるため、録音などでは法律的に無効と
なってしまいます。

さらに、緊急性の高い遺言方法の為、遺言を残された日より20日以内に家庭裁判所に請求し、
遺言として確認してもらう必要がありますので注意が必要です。

またもし、危篤状態だったかたが回復して遺言を残せるようになった場合、
この危篤時遺言は6カ月を経過すると無効となります。

 

●関連語:公正証書遺言自筆証書遺言秘密証書遺言・相続・死後事務委任契約・親族・お墓節税お墓墓地納骨葬儀

●関連ページ:お墓の承継に関するよく有る質問
お墓の改葬に関するよく有る質問
お墓のリフォームに関するよくある質問
選べるお墓探しのための墓地一覧

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ