ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 神棚封じ(かみだなふうじ)

神棚封じ(かみだなふうじ)とは?

50音別

神棚封じ(かみだなふうじ)

 

神道における忌中(喪中)の儀式

神棚の扉を閉め、扉に白い紙を貼ることで、死による穢れ(神道での考え方)から神棚を守ること。

神棚封じを行っている間は、通常とり行われる祭(祭祀)は行われないのが一般的ですが、
地域によっても異なるようです。ご不明の際は直接ご葬儀社様などにお問い合わせ頂くことをお勧めいたします。

神棚封じを外すタイミングとしては、神道の忌明けにあたる五十日祭とする場合が多く、
神棚封じの白い紙をはずして以降は平時と同じように日々お供え物をしてお祀りします。


●参考
神道の皆様が購入できる霊園一覧

●関連語:神道・神棚玉串奉奠毎十日祭式年祭一社造り祝詞しのび手・二礼二拍一礼・土葬鳥居

●関連ページ:お墓探しに関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ