ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 月忌(がっき)

月忌(がっき)とは?

50音別

月忌(がっき)

 

月命日(故人が亡くなった日と同日の月違い)のこと。
命日(月命日)とも。 月忌に行う法要を月忌法要という。
また、亡くなられてから最初の月忌は初月忌(はつがっき)と呼ぶ。

月忌法要では僧侶に読経をお願いすることを月参りと呼び、故人を偲ぶ地域もある。
また、故人が亡くなった日と同月同日の場合は祥月命日(しょうつきめいにち)となり、亡くなって最初の祥月命日は一周忌、2年目は三回忌とし、比較的規模の大きい回忌法要を行う場合が多い。

※月忌には墓参を行う方も多いようです。
ちなみに、一周忌や三回忌も墓前法要でされるかたもいらっしゃいますね。

 

●関連語:命日・祥月命日・回忌法要・一周忌三回忌・一年祭

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ