ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 釘打ち(くぎうち)

釘打ち(くぎうち)とは?

50音別

釘打ち(くぎうち)

 

棺に石でくぎを打つ儀式

仏式の葬儀で行われる儀式だが、「棺を運ぶ際に蓋が外れてしまうため」といった、
かつての葬儀事情から来ているとされたり、「三途の川を無事に渡れるように願う」など、
儀式の意図は諸説存在する。

また、最近では実際には打ちつけずに打つふりをしたり、釘打ち自体が行われないことも少なくない。
(宗旨宗派によって行わない場合もある)

また、釘打ちは親しい人(近親者)ほど頭に近いほうの釘を打ち、親しい順に徐々に足元のほうの
釘を打つのが一般的。

 

●関連語:棺桶・葬儀・釘打ち石・火葬骨壷逆さ屏風鯨幕朽木幕死装束白木祭壇

●関連ページ:法要に関するよくある質問
埋葬に関するよくある質問と回答
お墓探しに関するよく有る質問

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ