ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 合同法要(ごうどうほうよう)

合同法要(ごうどうほうよう)とは?

50音別

合同法要(ごうどうほうよう)の説明

 

三回忌と三十三回忌法要など、同時期に2つの法要が重なった場合にまとめて1度で行う事。

もしくは寺院などに僧侶が集まって(もしくはその寺院の檀家様が集まって)法要を行う事を指す。
後者の場合はお盆やお彼岸と言った際に行われる場合が多い。

※祥月命日(故人が亡くなった際と同じ月日、単に命日だと毎月の故人の亡くなった日を指します)が違っても、 親族が集まる日程の都合や段取りなどから一緒に法要を行うこともあります。

また、複数の法要を行うため、僧侶の方へのお布施は?
というご質問を稀に頂きますが、基本的には法要を行って頂く僧侶の方に直接聞かれるのが良いでしょう。

 

●関連語:法要合同・ペット・葬儀霊園戒名火葬一周忌三回忌彼岸

●関連ページ:法要に関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ