ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > か行 > 五具足(ごぐそく)

五具足(ごぐそく)とは?

50音別

五具足(ごぐそく)

 

仏壇などに設置する仏具一式を指し、簡略して設置する場合は三具足(みつぐそく)となる。

仏壇の大きさや法要の有無などの状況により、五具足と三具足を使い分ける。

一般的に五具足に数えられるのは、

  1. 香炉
  2. 蝋燭立て×2(一対)
  3. 花立×2(一対)のセット

のこと。

三具足は蝋燭立てと花立をそれぞれ対にせずに、1つずつ飾る形式のことを指す。

さらに、茶湯器と仏飯器を足したものは七具足。
高杯を足したものを十具足と呼ぶ(十具足の場合は仏飯器と高杯をそれぞれ一対ずつ配置する)。

また、浄土真宗など特定の宗派では

  1. 火舎(かしゃ・蓋付きの香炉)
  2. 華瓶(けびょう・樒などをさすための瓶)×2(一対)
  3. 蝋燭立て

の4つをもって、四具足(しぐそく)という。

 

●関連語:三具足仏壇仏具・具足

●関連ページ:法要に関するよくある質問埋葬に関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ