墓前法要(墓前供養)(ぼせんほうよう、ぼぜんくよう)とは?

50音別

墓前法要(墓前供養)(ぼせんほうよう、ぼぜんくよう)

 

お墓の前で行う法要のこと。

主に僧侶の読教や説法などが行われる。

ほぼ墓前で行われる法要としては、開眼法要(新たにお墓を建てた際に行う)、魂抜き法要(お墓の移転などで古いお墓から遺骨を取り出す際に行う)。

納骨の際の法要(開眼法要や故人の一周忌法要と合わせて行われる場合も多い)など、そのほかの回忌法要を墓前で行う場合もある。

※民間の場合ですと、多くの場合管理事務所内に法要施設もありますので、墓前・法要室どちらでも法要が可能です。
また、墓前法要を行った際のお布施の相場としては、首都圏近郊で5万円前後と、納骨が必要な場合は専門のスタッフが行うため、納骨手数料3万円前後ほどが多いようです。

 

●関連語:法要お墓納骨・墓前・霊園開眼葬儀・僧侶・供養・お坊さん・菩提寺法事三回忌墓石宗派・読経・墓地四十九日位牌・墓参り・故人・お布施一周忌

●関連ページ:法要に関するよくある質問
埋葬に関するよくある質問
使用権承継などに関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材