ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > あ行 > 五七日忌(いつなぬか)

五七日忌(いつなぬか)とは?

50音別

五七日忌(いつなぬか)

 

小練忌(しょうれんき)とも言う。

亡くなってから35日目を指し、この日を忌明けとする宗派 (地域などでも)もある。

小練忌や49日といった、忌明け法要を納骨の機会とするため、法要に合わせてお墓を建てることも。

ただし、必ず忌明け時に納骨をしなければならないものではないので、建墓が間に合わない場合は忌明け
以降の法要に合わせることも多い。

仏教では閻魔さまの裁きを受けるのがこの日とされています。

 

同義語:小練忌(しょうれんき)

●関連語:初七日二七日忌三七日忌四七日忌七七日忌百ヶ日1周忌納骨お墓埋葬許可書

●関連ページ
東京・神奈川・埼玉エリアの霊園・墓地一覧表
法要に関するよくある質問と回答

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ