サンドブラスト(さんどぶらすと)とは?

50音別

お墓のサンドブラスト(さんどぶらすと)

 

圧縮した空気と共に、研磨剤を吹き付けて墓石を削る工法。
線の強弱や深さの調整などが容易なため、イラストや細かい模様などの複雑な彫刻を彫る際に利用される。
また、敷石(墓域内の通路部分に敷かれた石の事)や踏面(階段の水平部分のこと)などにサンドブラスト加工で模様をつけると、見た目の華やかさに加え、滑り止めとしての効果を発揮する。

※サンドブラストで描かれた線は石の表面に白く浮かび上がり、お墓にワンポイント、華やかさを伝える際などに非常に重宝する工法です。イラストの箇所も竿石(家名などを彫る部分)はもちろん、床面などの水平部分に彫刻する事も可能です。

※お墓は霊園の既定の範囲内であれば、色々なデザインで建てることが可能です。
こんなお墓を作りたいと言った要望がありましたら、そのままお伝え頂ければ可能な限り対応致します。
フリーダイヤル 0120−62−3310

 

●関連語:墓石サンダー仕上げ研磨磨きビシャン加工お墓彫刻加工・文字・霊園ガラス墓

●関連ページ:デザイン墓石の画像集
初めてでも安心のカテゴリ別お墓探し
お墓探しに関するよくある質問
ガラスのお墓特設ページ
お墓の彫刻に関するよくある質問
お墓のリフォームに関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材