竿石 (さおいし)とは?

50音別

竿石 (さおいし)

 

「〇〇家」などの彫刻が施される、お墓の一番上に位置する墓石部分のこと

和型墓石(縦長の墓石)の場合は、7〜8寸ほどの大きさが一般的。

竿石の下には、上台・中台・芝台と呼ばれる台座がある事が多い。

香箱型・額縁型など加工にも様々な種類がある。

※ちなみに神道の場合は、この竿石部分の頂点を三角に加工します。
これを「トキン型」と呼び、神道ならではの形となっています。

また、洋型の横長のお墓の場合でも、一番上の部分は同じく「竿石」と呼ばれます。

 

●関連語:墓石・石塔・上台・中台芝台墓碑お墓五輪塔墓地和型墓石洋型墓石お墓彫刻

●関連ページ:墓石デザインページ
墓石に関するよくある質問と回答
お墓探しに関するよくある質問QA

50音別
霊園の事なら美郷石材