滑り止め加工(すべりどめかこう)とは?

50音別

お墓 滑り止め加工(すべりどめかこう)

 

足元が滑りにくくする加工。
雨の日などの墓参りの際に滑って怪我などをしないように、踏面(階段の水平部分・足で踏む部分)や敷石(参道とお墓を繋ぐ通路部分に敷く石・砂利などで靴が汚れないようにするもの)部分などに施工される。

また、最近の民間霊園であれば、参道部分は滑り止めに加え、水はけの良いインターロッキング工法が採用され、悪天候でも歩きやすい工夫がなされている。

※参道の確認等は雨の日などに霊園を見学すると体験できます。
通常、悪天候の日は霊園の見学に向いていないように思われがちですが、霊園内の歩きやすさや、濡れた状態の墓石の状態(色など)を確認する事が出来ますので、必ずというわけではありませんが、機会があれば見学しておいて損はないと思います。

 

●関連語:小たたき加工・ビシャン加工・バーナー加工・お墓耐震施工研磨加工化粧石

●関連ページ:墓石のデザイン基礎知識ページ
墓石に関するよくある質問
お墓探しの専用ページ
お墓探しのよくある質問
お墓の価格に関するよくある質問
お墓リフォームに関するよくある質問
お墓の耐震施工に関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材