くし型香炉(くしがたこうろ)とは?

50音別

くし型香炉・櫛型香炉(くしがたこうろ)

 

くし型香炉とは屋根部分を半月型の櫛のような、なだらかな曲線にかたどった香炉のこと。

さらに曲線を大きくして、半円形にしたものはアーチ型香炉などと呼ばれる。

デザイン的な面での効果はもちろん、香炉の角部分が欠ける心配を減らす効果もある。

※ちなみに香炉は花筒(花立)と合わせ、お墓の基本的なパーツの1つのため、弊社で建墓される際は基本的には工事内容に含まれます。

そのうえでくし型やアーチ型など、香炉の形状を変更したい場合は、担当者に希望をお伝えください。

また、香炉の中には香皿(こうざら)というお線香を置くためのお皿が用意されており、お線香の火が直接墓石にあたらないようになっています。

香皿は錆びなどに強いステンレス製のものを使用する場合が多いです。

 

●類義語:香炉

●関連語:経机香炉・お墓価格・墓石の種類・墓石セット価格・欧風墓地墓石加工お墓花立お墓のくし型加工・くりぬき香炉

●関連ページ:お墓を建てられた方のご感想と建墓例
お墓を建てる手順
お墓探しの早わかり一覧ページ
お墓のリフォーム例
お墓リフォームに関するよくある質問
デザイン墓石のサンプルページ

50音別
霊園の事なら美郷石材