供養塔(くようとう)とは?

50音別

供養塔(くようとう)

 

サンスクリット語の「ストゥーパ」が起源となる、死者の供養を目的とした仏教建築物。

多宝塔や、卒塔婆などがこれにあたる。

もともとはお釈迦さまが亡くなられた際に、その遺骨を各地で埋葬した際に建てたもののことで、法隆寺の五重塔なども多宝塔、いわゆるストゥーパとなります。

ちなみに卒塔婆の先が段々に分かれた形状になっているのは、上から「空」「風」「火」「水」「地」を現わしており、仏教における宇宙観を示した形状となっています。

 

●関連語:永代供養塔・塔婆・塔婆立て・ストゥーパ・墓石お墓墓地永代供養墓

●関連ページ:永代供養塔ページ
お墓の承継に関するよくある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材