亀腹加工(かめばらかこう)とは?

50音別

亀腹加工(かめばらかこう)

 

カメのお腹のような曲線加工ことで、代表的な墓石高級加工の一種。

加工を施した部分は、見た目に盛り上がった曲線のような形になる。

竿石(○○家などの彫刻がされる、一番上の石の事)の台座などに用いられる加工方法で、亀腹加工を行うことによって、墓石の全体の高級感と高さが増す加工です。

デザインの良さだけでなく、水はけが良くなるという利点があります。

また、亀腹加工と合わせて、見た目が良くなる段を付けた加工方法を、切り出し亀腹加工などともいいます。

●関連語:香箱加工・水垂れ加工丸面加工額縁加工本磨き墓石

●関連ページ:墓石デザインページ
霊園・墓地の総合ページ

50音別
霊園の事なら美郷石材