ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > た行 > 地域信仰(ちいきしんこう)

地域信仰(ちいきしんこう)とは?

50音別

地域信仰(ちいきしんこう)

 

その土地独自の神様を信仰すること。

山岳神、産土荒神など、古来から地域で崇め奉られていた自然信仰が元になり現在まで息づいているものや、 遠野物語で知られる遠野のオシラサマ・コンセイサマのような、地域独自の逸話などから生まれた信仰などがある。

※地域信仰が色濃く残っている地域などでは、葬儀などにも独自の風習が残っている場合もあるため、そういった葬儀に参列する際は、他宗派の葬儀への参列同様に、風習に合わせたかたちで進めるのが一番良いと思います。
もし分からないことがあった場合は、地元の参列者などにお伺いしてみるのも良いでしょう。

 

●関連語:信仰・宗教・宗旨宗派通夜葬儀墓前供養二礼二拍手一礼

●関連ページ:宗教不問の霊園一覧

法要に関する良くある質問

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ