霊号(れいごう)とは?

50音別

霊号(れいごう)

 

神道用語、仏教による戒名にあたる、故人の没名のこと

神道では御霊代(みたましろ)もしくは霊璽(れいじ)と呼ばれる仏教の位牌にあたるようなものに、没年号などとともに霊号を刻む。

霊号は一般的には名前の最後に「命(みこと)」の一字を使用し、大人の場合は男性で「大人(うし)」
女性なら「刀自(とじ)」という文字を付ける場合が多い。

一般的には神道の方が建てられたお墓にも霊号を刻みます。
この場合、仏教のお墓と変わりなく、墓誌などに霊号を彫刻します。

※ちなみに、お墓にも神道独自の呼称や形などがあります。
基本的に神道の場合はお墓のことを奥都城・奥津城(どちらも読み方はおくつき)と呼び、その形は一般的なお墓が頂点部分が水平なのに対して、尖った形をしています。

この尖った形のお墓のことを「トキン型」と言います。

また、神道のお墓は香炉などを設置しない代わりに、八足台という供物台を置くケースが一般的です。

 

●関連語:神道墓霊璽奥都城霊祭御霊屋朽木幕毎十日祭・百日祭・のりと・トキン・神棚封じ戒名埋葬改葬化粧目地お墓建てる時期お墓消費税欧風墓石

●関連ページ:神道の方が購入できる墓地
法要に関するよくある質問
彫刻に関するよくある質問

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材