蓮華(れんげ)加工とは?

50音別

蓮華(れんげ)加工

 

蓮華(れんげ)加工とは、仏教と密接に関係のある蓮の花をかたどったお墓の加工技術
竿石(お墓の一番上の部分、○○家などの彫刻が彫られるところ)の台座に置かれるケースが多い。

蓮華の下にさらに蓮華を置く上下蓮華墓といった高級加工で建墓する場合もございます。

蓮華はお釈迦さまがその上で瞑想している絵が描かれたことなどから「極楽浄土」の象徴とされるため、お墓の飾りとして好まれるものの1つです。

また、従来は蓮華が付けられるお墓は和型墓石(縦長の昔ながらのお墓)が多いのですが、最近では洋型墓石(横長の西洋風のお墓)に蓮華を付けて施工するケースも増えつつあります。

仏教で好まれる華として、お墓以外では仏像の台座のデザインとして採用されております。

●類義語:上下蓮華加工

●関連語:お墓霊園墓苑墓地墓石永代供養墓寺院墓地墓地間口和型墓石

●関連ページ:お墓の加工デザイン集
お墓探しのよくある質問
はじめてのお墓探し一覧
お墓が出来るまで(施工手順)

”ではじまる言葉

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材