ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > ま行 > 回し香炉(まわしこうろ)

回し香炉(まわしこうろ)とは?

50音別

回し香炉(まわしこうろ)

 

回し焼香(まわししょうこう)などとも呼び、焼香台を設置せずに焼香を行う方法のこと。

主な手順としては、手渡し可能な程度の大きさのお盆に香炉と刻み香を乗せ、参列者がその場で焼香をし、次の参列者へ手渡す。
焼香台での焼香と同じように、一礼、宗旨宗派にかなった回数の焼香(もしくは周囲に合わせた回数)を行う。
主に、回忌法要などで法要会場に対して参列した人数が多く、焼香台の設置や参列者の移動が困難な場合、回し香炉が使用される。

 

●関連語:香炉焼香仏具仏壇線香・お香・ろうそく・数珠・価格・葬儀抹香

●関連ページ:法要に関するよくある質問

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ