ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > ま行 > 六十七日忌(むなぬか)

六十七日忌(むなぬか)とは?

50音別

六十七日忌(むなぬか)

 

亡くなってから6回目の7日目、42日目に行われる法要のこと。

檀弘忌」(だんこうき)ともいう。

故人と近しい者が集まって、故人を偲ぶ。

次の法要にあたる四十九日(七七日忌)をもって忌明けと考える宗旨宗派が多い。

故人は亡くなってから7日ごとに審判の日があるとされており、六十七日忌には変成王の審判を受ける日
となっている。
(宗旨宗派によっては異なる考え方もあります)

 

同義語:檀弘忌(だんこうき)

●関連語:初七日二七日三七日四七日五七日四十九日・法要・追善供養埋葬

●関連ページ:法要に関するよくある質問
・49日までに建墓を間に合わせる短工期施工の説明Q&Aページ
・カテゴリ別で探せる霊園・墓地一覧ページ

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ