都立多磨霊園

多磨霊園のお申し込み

都立霊園 令和2年度の募集は
終了しました

令和2年度の抽選結果発表はこちら

都立霊園最大!憩いの森として親しまれる多磨墓地

都立多磨霊園正門

都立多磨霊園は府中市と小金井市にまたがる東京ドーム27個分の面積を持つ東京都最大の都立霊園です。
付近には東京都立野川公園や武蔵野公園、武蔵野の森公園などの公営の公園があり、木々が多く明るい緑地になっています。

多磨霊園には1,600本ものソメイヨシノが植えられており、お花見スポットとしても有名です。
加えて交通機関や幹線道路との接続も良く、多摩地域では最も知名度の高い霊園で、例年、墓地使用者公募への応募が殺到する公営墓地です。

都立霊園のお申し込みについて

多磨霊園など都立の霊園にお墓を持つ為には、まず東京都が年1回実施している「墓地使用者公募」に応募します。毎年多くの申し込みが集まるため、例年抽選により決定されています。めでたく当選された方は書類審査を経て使用権を受けることができます。

令和2年度 墓地使用者公募終了

公募日程

  • 申し込み受付:令和2年6月18日(木)~7月7日(火)【終了】
  • 抽選日:令和2年8月20日(木)【終了】
  • 墓地使用許可:令和3年1月

多磨霊園の募集内容

一般埋蔵施設(返還墓所)

令和2年度は、全体で374区画の募集に555の申し込みがあり、倍率は1.5でした。

組名 面積 墓地使用料 年間管理費 募集数 申込数 倍率
TA01 6.35㎡~6.7㎡ ¥5,854,700~¥6,177,400 ¥4,900 9区画 7 0.8
TA02 5.4㎡~5.95㎡ ¥4,978,800~¥5,485,900 ¥4,200 18区画 17 0.9
TA03 4.05㎡~4.65㎡ ¥3,734,100~¥4,287,300 ¥3,500 17区画 14 0.8
TA04 3.15㎡~4.0㎡ ¥2,904,300~¥3,688,000 ¥2,800 65区画 57 0.9
TA05 2.1㎡~3.0㎡ ¥1,936,200~¥2,766,000 ¥2,100 70区画 130 1.9
TA06 1.8㎡~2.0㎡ ¥1,659,600~¥1,844,000 ¥1,400 195区画 330 1.7
  • 使用料平米単価 ¥922,000、管理料平米単価 ¥700
  • 墓石費用は含まれていません。別途、自己負担で建立する必要があります。
  • 組単位での申し込みとなるため、面積や使用場所の選択はできません。お申し込みの際は各組で最も高い使用料を目安にご検討されることをお薦めします。

長期収蔵施設 みたま堂(納骨堂返還区画)

令和2年度は、全体で40箇所の募集に1,009の申し込みがあり、倍率は25.2でした。

組数 タイプ 使用料 年間管理料 募集数 申込数 倍率
MI01 6体用 359,000円 5,440円 4 102 25.5
MI02 4体用 287,000円 4,350円 25 587 23.5
MI03 2体用 215,000円 3,260円 11 320 29.1
  • 使用期間は30年で希望により更新(別途費用)が可能です。
  • 組単位での申し込みとなるため、面積や使用場所の選択はできません。
民間の納骨堂なら抽選なし!どなたでもすぐにお申し込み可能です。
納骨堂・屋内霊廟特集

過去の募集(参考データ)

応募資格概要

  • 東京都に住民登録をした上で、5年以上継続してお住いの方。
  • 多磨霊園に埋蔵する予定の、一度も埋蔵・収蔵されていないご遺骨をお持ちの方。(改葬不可)※長期収蔵施設 みたま堂は改葬遺骨での申し込みも可
  • 埋蔵予定の遺骨の親族で、祭祀の主宰者、もしくはご遺骨を守っていく立場の方。
  • 申し込みの時点で都営霊園の墓所(一時収蔵施設を除く)を使用されていない方。

※詳しくはこちらでご確認下さい→ 都立霊園応募資格と諸条件

多磨霊園 概要

多磨霊園の墓域風景

都立多磨霊園は、東京都府中市に所在する都営墓地で、大正12年に欧米の森林墓地を参考に造られ日本で初めての公園型共同埋蔵施設として誕生しました。
当初の名称は“多磨墓地”といい、後に“多磨霊園”と改称されたため、地元住民の間では「多磨墓地」の呼称も根強く残っています。

府中市を貫く東八道路沿いにあるため、日常的に親しまれているその風景は、地域住民に大変親しまれており、著名人のお墓が多いことから青山霊園と並んで広く知られる都営墓地です。

多磨霊園には、一般墓地の他に30年契約で使用するロッカー型の大型納骨堂「みたま堂」、芝生墓地や壁墓地も用意されており、毎年1回、7月に墓地使用者公募が行われています。

128万平方メートルと都営霊園最大の敷地面積を誇る園内には、南北にバス通りが縦断しており、多磨霊園駅~武蔵小金井駅間を運行する【武85】【武95】、多磨霊園駅~多摩町間の【磨91】系統の京王バスが乗り入れています。

利用できるバス停は4か所。北側の東八道路の「多磨霊園裏門」。園内のほぼ中心にあたる「霊園中央二十号地」。中央やや南側の「霊園南七号地」。霊園管理事務所のある正門や、西武多摩川線「多磨駅」最寄となる「多磨霊園表門」の4つの停留所から、お墓の場所に最も近い場所で降りることができます。

都立多磨霊園正門
多磨霊園小金井門
多磨霊園管理事務所
噴水塔
多磨霊園墓域風景
桜咲く多磨霊園
多磨霊園一般墓所
多磨霊園芝生墓所
多磨霊園壁墓所
多磨霊園納骨堂「みたま堂」
みたま堂内の納骨室
多磨霊園合葬式埋蔵施設

こちらの霊園でお墓を購入したお客様の声

名称 東京都多磨霊園(とうきょうと たまれいえん)
住所 東京都府中市多磨町4-628
種別 公営霊園(都営霊園) 宗教・宗派 宗教自由
開設 大正12年4月(開園98年目) 事業主体 東京都
施設 一般墓所、芝生墓所、壁墓所、納骨堂、合葬墓地、トイレ(多目的トイレ)、管理事務所、他 ※管理事務所にAEDAED設置

多磨霊園の行き方

多磨霊園のよくあるご質問

多磨霊園はどこにありますか?
小金井市と府中市の市境、府中運転免許試験場の東八道路を挟んで向かい側にあります。最寄り駅は西武多摩川線 多磨駅で徒歩5分。JR武蔵小金井駅からはバスで行けます。詳しくはこちら
多磨霊園の申し込み方法は?
東京都が毎年6月~7月頃に実施している「都立霊園使用者公募」に応募し、抽選により当選した方が書類審査を経て使用許可を貰えます。
多磨霊園にはどのようなタイプのお墓が用意されていますか?
多磨霊園には、一般的な区画墓地の他に、芝生墓地と長期収蔵施設「みたま堂」があります。但し、募集が行われるのは空きができた施設だけです。
長期収蔵施設「みたま堂」とはどんなお墓ですか?
いわゆる「納骨堂」タイプの屋内収蔵施設ですが、一般的なロッカー型や搬送式の納骨堂とは異なりご遺骨を納めた場所へは納骨時・改葬時しか入れないため、お参りに関しては施設の外に設けられた参拝所から行うため公営の「合葬埋蔵施設」と同様です。使用期限(30年・更新可)が設けられているのも特徴です。
申し込み手続きがよく分からないのですが?
お申し込みに関して「手続きが不安」「時間がない」等、お困りの方は「お申込み無料サポート」をご利用ください。

近隣のおすすめ霊園

東京都立霊園

東京都民の方が申し込める公営墓地です。例年6月中旬から7月上旬頃に募集があります。

無料資料請求

お電話での資料請求・お問い合わせ・ご見学申し込みは フリーダイヤル:0120-62-3310 インターネットからの資料請求はこちら

ただ今、公営霊園の資料をご請求いただいた方先着30名様限定で、「ミサトオリジナル 特製お墓のカタログ」を進呈いたします。

都立霊園の正規申込書類「申し込みのしおり」や、ご検討に役立つ過去の参考資料などを無料でお届けします。お申し込み手続きがご不安な方もお気軽にご相談ください。

※一度送信された内容は、次回以降自動入力されます。

ご請求資料
ご検討中の墓所
必須お名前
お名前フリガナ
必須ご住所
必須お電話番号
任意Eメール
任意ご希望地域 お墓をお探しの地域などをお教えください。
任意ご遺骨
任意通信欄 「正規申込書類」の送付希望や、その他ご要望・ご相談などがあればご記入ください。
任意プレゼント ※ご希望の方は下記よりお選び下さい(複数選択可)