無縫塔(むほうとう)とは?

50音別

無縫塔(むほうとう)の説明

 

禅宗の僧侶が亡くなられたときに建てられることが多い、お墓のかたち

卵塔(らんとう)とも呼ばれるようにお墓の上部が卵形をしているのが特徴。

無縫塔は主に、塔身、請花、中台、柱、基礎の5つのパーツから成り立っているものと、塔身、請花、基礎の3つのパーツから成り立っているものがある。

※一般的な霊園ではあまりお目にかかることのない形のお墓ですが、僧侶のかたのお墓と言う特性上、寺院などに行くと、無縫塔が並ぶ風景を見る機会もあるかと思います。

 

●関連語:墓石寺院墓地お墓埋葬供養塔五輪塔宝篋印塔

■宗教不問などカテゴリ別霊園一覧ページ
お墓ができるまで

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材