目地(めじ)とは?

50音別

お墓の目地(めじ)

 

お墓の場合、石と石の隙間部分を指す。

目地が必要な隙間には、防水や風化・耐震を考慮し、「コーキング」と呼ばれる隙間を埋める処置が施されることが多い。

また、見栄えを良くするため化粧目地としての役割も大きい。

納骨棺(カロート)のフタ部分になることが多い拝石も、ご埋葬後には蓋(拝石)を閉めた口元にも雨水などが入らないようにコーキング目地(目地止め)を行う。

※目地部分をきちんと目地止めしておかないと、カロート内に雨水などが溜まってまう心配があります。

また、立地条件などで、目地止めの有無にかかわらずカロートに水がたまりやすいお墓の場合は、水抜き加工を行い、水が溜まるのを防ぐといった方法もございます。

 

●関連語:化粧目地・コーキング・建墓化粧砂利拝石納骨香炉化粧石墓石耐震お墓基礎

●関連ページ:お墓ができるまで〜施工手順
お墓探しに関するよくある質問と回答
墓石に関するよくある質問と回答
ご埋葬(納骨)に関するよくある質問と回答

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材