ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > な行 > 念仏(ねんぶつ)

念仏(ねんぶつ)とは?

50音別

念仏(ねんぶつ)

 

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)や南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)など、仏の徳や名前を言葉に出して唱えること。
或いは自身の信仰心を口に出して唱えることを指す。

お経は仏の教え(経典)を分かりやすくしたもののため、お経=念仏とならない。

※浄土宗や浄土真宗の宗派などでは、葬儀の際に念仏講(ねんぶつこう)と呼ばれる信徒の方が集まって念仏を唱える儀式が行われる場合もあります。

 

●関連語:お経浄土宗・浄土真宗(東本願寺派/西本願寺派)

●関連ページ:法要に関するよくある質問

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ