ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > ら行 > 輪廻転生(りんねてんせい・りんねてんしょう)

輪廻転生(りんねてんせい・りんねてんしょう)とは?

50音別

輪廻転生(りんねてんせい・りんねてんしょう)

 

亡くなった後の魂が生まれ変わるという考え方。
様々な宗教で近しい思想がある。

また、輪廻のみ、転生のみでも同じ意味の言葉として使用される。 宗教観により考え方は異なるが、例えば仏教の場合では輪廻することは苦行ととらえ、そこから抜け出す事を解脱とし、宗派にもよるがこの解脱を目標とする考え方もある。

※ちなみに、神道では輪廻転生という考え方はほぼありません。
キリスト教の場合も否定的な考え方の宗派も少なくないようです。(宗旨宗派による違いもあります)

 

●関連語:解脱・釈迦(仏陀)仏教宗旨宗派ご本尊本堂

●関連ページ:法事に関するよくある質問お墓の彫刻に関するよくある質問

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ