オルガン型墓石(おるがんがたぼせき)とは?

50音別

オルガン型墓石(おるがんがたぼせき)

 

洋型墓石のデザインの一つで、その名の通りオルガンのような見た目からそう呼ばれる。
家名などの彫刻が刻まれた、墓石の上段部分(竿石)に角度をつけたデザインのこと。

※洋型墓石のデザインの中でも、スタンダードなデザインと言えるでしょう。 また一口にオルガン型と言っても、一段型、二段型で印象が異なるなど、同じデザインでも様々なパターンがあります。

墓石の正面が斜め上に向かってカットされているため、お墓参りの方のお顔と墓石正面を対峙させることができることも人気の理由かと思われます。

ご希望をお申し付けいただければ、弊社の専門スタッフより、ご要望に沿った図面の作成を承ります。

 

●関連語:洋型墓石枕型ストレート型デザイン墓芝生墓地緑地付き墓地

●関連ページ:
墓石の種類とデザイン
ガラス墓 ランドグレン
墓石に関する質問と回答

50音別
霊園の事なら美郷石材