ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > は行 > 箸渡し(はしわたし)

箸渡し(はしわたし)とは?

50音別

箸渡し(はしわたし)

 

お骨を骨壺に納める際、親族がそれぞれ箸でお骨を渡して骨壺まで持っていく行為。

左右種類の違う箸や竹箸を使用する。

拾い箸合わせ箸などとも呼ばれる。

箸と橋がかかっており、三途の川を橋で渡れるようにという意味があるとも、愛し(はし)を意味しているとも
いわれている。
(考え方は宗旨宗派によって異なる場合があります)

また、葬儀の際に行われる儀式のため、通常の食事の際のマナーとしてはNGとされている。

 

同義語:拾い箸(ひろいばし)・合わせ箸

●関連語:火葬火葬場・葬儀・棺桶・納棺釘打ち・御霊前・おくりびと枕飾り逆さ屏風枕経

●参考ページ:法要に関するよくある質問
・カテゴリ別で探せる墓地一覧ページ
・49日までに建墓を間に合わせる短工期施工の説明

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ