ことば事典
霊園、墓地の美郷石材ホーム > 仏事・法要のことば辞典 > や行 > 遺言(ゆいごん)

遺言(ゆいごん)とは?

50音別

遺言(ゆいごん)

 

亡くなった際の財産分与や故人の弔い方法などの希望を記しておくもの。
遺言の形式により、その法的効果に大きな違いがあり、ケースによっては法的拘束力を持たないものがあるため、作成には注意が必要。

遺言の方法は遺言を残した際の状況などで様々な形態があり、例としては自らが書面に書き記して残す「自筆証書遺言」、公証人を立て、証人に記述させる「公正証書遺言」、死に直面した緊急時に、必要とされる人数(ケースにより異なる)の証人が立ち合い、口頭を記述する「危篤時遺言」などがある。

遺言を残す形態により、ワープロ打ちは不可、〇人以上の証人が立ち会うなど、法的に有効な遺言にするための規則が細かく定められている。

 

●関連語:自筆証書遺言公正証書遺言危篤時遺言死後事務委任契約秘密証書遺言

●関連ページ:
法要に関するよくある質問
公営霊園に関するよくある質問
埋葬に関するよくある質問
お墓探しに関するよくある質問

”ではじまる言葉

50音別
霊園の事なら美郷石材 サイトマップ